売れるコピーライティングの4原則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アフィリエイトでも、リアルに行われているビジネスの営業でも、「コピーライティングの技術」というのは非常に重要な要素です。

なぜなら、人が商品やサービスを買うには、「価値を感じるからであり、その価値を感じるための情報を知る必要性を感じている」からなんですね。

もしもあなたが・アフィリエイトで稼げない・営業で使えるノウハウがないかな?と考えているのであれば、今日の記事は必ず読んでください。

「売れるコピーライティングの技術」にはどのような要素が必要なのか、代表的な4原則というのを紹介します。

ちなみに「原則」というのは、「共通した基本的な決まり」という意味です。(コトバンクより抜粋)

1.文章は簡潔に短く。

イエス・キリストは言いました。「汝が敵を愛せ」「求めよさらば与えられん」「人はパンのみによって生くるにあらず」短いフレーズながらにして、深い意味がこめられています。

キャッチコピーとも言いますが、だらだらと文章がつづられているよりは、文章のインプットがしやすく、心に残りやすいです。

2.シンプルな言葉を使う。

シンプルな言葉を使えば、余計な文章に惑わされる事がなく、意味がストレートに強く伝える事ができます。

3.何度も繰り返せ。

見込み客というのは、話半分で聞く事が多々あります。メリットもデメリットもそうです。

商品のメリットについて響かなかったら、何度も記載する。または言い方を変えて表現する事が重要です。

4.誠実である事。

どんなにうまいテクニック、表現を使ったところで、その語り手が本心からいいと信じて語ったり、書いたりしていなければ、言葉は力を持ちません。

嘘は書かず、必ず本心で訴えかける、情熱をもって話しかけるという事が重要です。

いかがでしょうか?

あなたはきちんと4原則にしたがって文章を書いたり、相手に話しかけているでしょうか??

文章を簡潔にまとめ、シンプルな言葉を使いながら、何度も繰り返し、そしてパッションで相手に本音でぶつける。

売れるコピーライティングでの基本とはこういうものです。

もちろんその他にも技術はありますが、最低ラインとしてこの4原則は守っていきましょう。

そうすれば今までアフィリエイトで結果が出なかった人も、営業で思うような成績が上がらなかった人も、少しずつでも結果がついてくると思います。奇跡という言葉を聞いて、・私には関係ない・そんなものテレビの中だけだろうと思っている方、実は奇跡というのは毎日起きているのは知っていますか?

奇跡

という言葉はすごく遠い存在のように感じますが、実は「奇跡」が起こるには必ず理由が存在します。

奇跡が起こる理由
それは、、「偶然が2回以上重なった時」なんですね。

偶然と言う言葉は身近に感じます。しかし、奇跡と言う言葉は遠く感じてしまいます。

身近な事が積み重なる事で、遠く感じるような事柄が起こるという事なんです。

別に奇跡を起こすためには?

について理解して欲しい、という事を伝えたいのではなくて、実は、ビジネスを行ううえでもこういったマインドを持っておく事が必要だという事なんです。

どういうことか?

例えば、5年後に10億円貯めて、仕事をしなくても生活できるようになりたいな、と思ったとします。

でもこれは遠く感じるような事柄、要するに「奇跡」と同じ立ち位置にあります。

でもさっきは、身近な事の積み重ねで遠く感じるような事が起こると言いました。

5年後に10億円ためるためには、1年365日 × 5年 = 1825日

この日数がわかれば、今できる事 ⇒ しなければいけない事 ⇒ 優先順位の決定 ⇒ 今すぐに行動する事

が決まります。

いかがでしょうか?

奇跡は起こります。それは偶然の積み重ねです。

細かい偶然というものが、絶対に起こりえないであろう現象を起こすんです。

是非このマインドを忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください