発想で商品が売れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「商品・サービスを売り込もうとすると、敬遠されてしまい逆に売れなくなる」というスパイラルに陥った方は少なくありません。
かといって売り込まなければ商品は売れない、、、とお考えのあなた。

あまいです。

商品は売り込もうとせずに売れてしまうんですよ。

私は最近こんな本を買いました。

大金持ちも驚いた105円という大金/吉本 康永

タイトルが、「大金持ちが驚いた105円という大金」です。

私は本屋に並んでいるのを見て、衝動買いです。

なぜなら、「キャッチコピーのうまさ」が際立ったからなんですね。

実際に本屋に並んでいる形はこんな感じです。

$アフィリエイトで毎月10万円以上の不労所得-キャッチコピー参考

いかがです?

タイトルを見て「興味ある。」と思わせるようなキャッチコピーではありませんか?

中身はなんの変哲も無い「せどりで私の人生は変わった」というような内容でしたので、私には関係が無い事だと感じましたが、せどりを「せどり」「お金儲け」「転売」というキーワードではなく、「105円という大金」と言い換えるのはすばらしいと思いました。

これって売り込んでないですよね?

つまり、売り込まずに商品を売る方法というのは、キャッチコピーの発想一つでなんとでもなる。という事だと思うんです。

いかがですか?

あなたの商品、サービスのキャッチコピー、この本をお手本に見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*