誰もあなたの記事は見ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・ホームページを作れば見てくれる
・ブログを書けば見てくれる
・ツイッターで呟けば見てくれる

インターネットで自分、もしくは商品やサービスを広めようとしたとき、一番怖いのが「見てくれる」という「思い込み」。

これは僕自身にも言えることなんですが、

・誰もあなたの事なんて見ていません。
・誰もあなたに興味をもっていません。
・誰もあなたに関心を持っていません。

きつーい言葉です。

でも、あなた自身もそう思っているはず。

見ず知らずの誰かが、「ごはん食べました~」とか「●●という映画見に行きました~」なんて記事を書いていても、記憶に残ることはないし、ましてや全部見ることはないでしょう。

でもこれが、あなたの好きな芸能人だったら話は別。

「へぇ。そうなんだ。
こういうの食べるんだ。」とか、「そういった映画が好きなんだ。」と食い入るように見るかもしれません。

この違いは何か??

それは「認知度」

ただ書いたブログでも、あなたの事を、・少し知っている・普通に知っている、

・かなり深く知っている。

知っている深さによって、見る見られないが変わってきます。

だったら認知度を上げればいいのか??
それもいいかもしれません。

でもよくよく考えてみてください。

認知度を上げることはすごく難しい。

芸能人でも、プロダクションが広告費をかけて、時間や人脈を使って初めて世に出てこれます。

自分ひとりでやることはすごく難しい。

では認知度を使わずして、どうやったらホームページやブログを見てもらえるようになるか??

それは以下の3つの原則に沿って記事を書く事です。

1 役に立つ内容
2 面白い内容
3 感動する内容

冒頭でお伝えしましたが、訪問者はあなたに興味がないんです。

でも、自分には興味あるわけですよ。

自分に興味があるというのは、自分にとってメリットのあるもの。

自分にとって役に立つ内容。
見ていて面白い内容。
ついつい涙が出るような感動する内容。

そういった内容であれば興味があるわけです。

あなたに興味がなくても。

認知度はなくても、そういった文章を常日頃から書く習慣さえあれば、あなたも立派な有名人になれます。

大切なのは、「ただ書けば見てくれる」という思い込みをなくすこと。

自分は有名じゃない。
だから「見てもらえるように工夫する」ってことがすごくすごく大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*