タイトル一つで売上が3倍違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アフィリエイトをやっている人、リアルビジネスでホームページで集客を行っている人にとって、ホームページのアクセス数というのは、サイト運営において非常に大きなウェイトを占めていると思います。

思います、、、というか、それがほとんど全てだと思うんですよね。

なんせ、アクセスがなければサイトを知ってもらえる機会がない。
サイトを知ってもらわなければ商品も売れるわけがない。

からです。

ではサイトにアクセスしてもらうためにはどうすればいいか?

・SEO対策をする?

・魅力的な文章を書く?

・誰かに紹介してもらう?

色々と方法はあると思うんですが、その前にここだけは最低限マナーとして守らなければいけない部分があります。

それは、「タイトル」です。

HTMLで言うところの、< title >○○○< /title >
ですね。

実はこの「タイトル」なんですが、ただしい表記をするだけで、リアル店舗の売上が3倍になったというケースがあります。

私がコンサルティングしたので具体的にお話したいと思います。

変更するにおいて注意したのはたった4つです。

1.タイトル表記の一番左に狙っているキーワードを入れた。
2.キーワードの後に、見込み客の「メリット」を入れた。
3.狙っているキーワードの出現は1回のみ。

4.30文字程度でまとめた。

少し具体的にお話します。

1番目。
上位表示するための上等手段で、検索エンジンクローラーに対しての訴求です。

一番左に狙っているキーワードがあると検索エンジンに対して、「上位表示」の部分では有利に働きます。

2番目。
見込み客というのは、「あなたの商品・サービスのターゲット」です。

例えば「交通事故治療」がサービス内容だったとしたら、見込み客というのは「交通事故で鞭打ち、腰痛で困っている人」がターゲットです。

その人達の悩みはなんだと思いますか?

・鞭打ち、腰痛で体が思うように動かない・早く治したい

ざっと考えるとこうなります。

では、その人達に訴求できるようなメリットというと、「○○駅から徒歩○○分。完全予約制で待ち時間○○分。」となるでしょう。

まぁざっくりと考えただけなのでまだまだ他にもあるでしょうが、このキャッチコピーを入れるだけでも全然反応率は違うでしょう。

では3番目。
タイトルに狙っているキーワードを詰め込み過ぎると、検索エンジンに対して不利に働きます。

見た目もよろしくないですよね。

最後の4番目。
文字数は30文字程度が一番スマートです。

これよりも短すぎるのも、長すぎるのも見た目的にあまり良い感じがしません。

どうでしたか?

タイトルの入れ方一つで売上に直結する「アクセス数」が全然違います。

つまり、魅力的なタイトルを入れるだけで、売上が上昇するわけです。

もう一度あなたのサイトの「タイトル」見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*