信頼される文章のたった1つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「信頼される文章のたった1つのポイント」について書きます。

これがわかるようになれば、どんなに文章が苦手な人でも、反応がとれる文章が書けるようになるし、ネットショップの担当者は訪問者を逃がさないコンテンツが書けるようになるでしょう。

なんとなく、・文章って書くの難しい・ネットショップで売り上げ上げたいと思っている人にはおすすめですよ。

失敗しているケース

今インターネットでどんな事でも調べられるし、だいたいのものは買えます。

そこがメリットでありデメリットでもあります。

特にネット上で無料で差し上げるプレゼントを用意している人は、無料オファーからお客様につなげようとしている手法だったりするのですが、これが失敗している人は、・どや。ためになったろ。
・どや。無料でやるでっ。
・どや。ええ商品やろっ。

と、「どや顔」になっています。

ではなぜうまくいかないのか?

これが今日伝えたい事だったりします。

時間を損させない

訪問者や見ている人が常にどう考えているか?

「俺(私)に時間を損させないで」と考えています。

これは「潜在的に」と捉えた方がわかりやすいかもしれません。

どうでしょうか?

無料と言えどもらった物が、

・ゴミのような内容
だったり、

・何の意味もないものだったりしたら。

無料でもらってはいるものの、その人から商品を買うでしょうか?

答えは「No」です。

無料といえど、「こんなにすごい情報をもらってもいいのか?」という感動が生まれるからこそ、その人から商品を購入したり、会いたくなったりするもんです。

良くも悪くも伝わる

時間は有限です。

「無料だからこんなもんだろ」という気持ちで作った物はもらった人には伝わります。

「無料でも読んでいる人、(使っている人)が200%満足するものに仕上げるぞ。」と思って作った物ももらった人には伝わります。

信頼される文章のたった1つのポイント無料でも感動する。

こういった内容に普段から心がけるからこそ、信用が生まれ信頼されるような文章が書けるものだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*