セールスコピーとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セールスコピーとは?

・セールスコピーっていったい何者ですか?

・セールスコピーと普通のコピーの何が違うんですか?

と思う方がいます。

普通のコピーライティングでしょ?

と勘違いしてしまう可能性もあるので、簡単にセールスコピーとは何か?
についてまとめてみました。

コピーライティングには大きく2つに分かれる

コピーライティングというのは、「人を行動させるための文章」です。

そして、そのコピーライティングでも大きく2つに分かれています。

1つはイメージコピー。
もう1つがセールスコピーです。

簡単に説明すると、イメージコピーとは、商品の認知度を上げたり、良いイメージを持ってもらうための文章です。

※ブランディングなどで使われるケースが多いです。

セールスコピーとは、商品やサービスを販売するための文章です。

セールスコピーの目的

セールスコピーの目的は、商品を販売すること。

特にセールスコピーを活用する場合は、セールスコピーを活用した広告において、広告が成功したかどうかを数字で判断します。

例えば、求人広告チラシを10,000枚配布したとします。

そのうち募集電話が10件。
面談件数が5件。
実際の採用が1件だったとします。

そして求人広告チラシでかかった経費が100,000円。

「数字で判断する」というのは、今回のセールスコピーでは、特定地域でチラシを10,000枚、費用を100,000円かければ、実際に1人採用出来る。

という判断になります。

そして、結果を元に、しっかり分析を行い、次の広告を改善していくこと、これが「セールスコピーの醍醐味」だと思っています。

セールスコピーとは?まとめ

コピーライティングというと、「文章を書くこと」が仕事だと思われがちですが、セールスコピーとは特に反応率(数字)が重要になってきます。

書く作業、分析する作業
それぞれのスキルをフル活用して書き上げていくのがセールスコピー
だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*