フェイスブック(Facebook)の活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私の地元岡山でも、今年から「セミナーと言えばFacebookのセミナー」と言われるほどにFacebookを活用したビジネス展開を考えているオーナーさんが増えてきました。

Facebookとは?

そもそもFacebookとは、マークザッカーバーグさんというアメリカの学生プログラマーが、大学内で顔と名前が見えるウェブサイトを立ち上げたのがきっかけで、今や全世界で利用されているSNSです。

日本で言えば「mixi」をはじめ、「グリー」「モバゲー」と同じようなものと考えればわかりやすいでしょうか。

日本のSNSとの違いは、Facebookでの活動においては、「実名」「実写真」が原則だということですね。

ですからFacebookでの活動では言動に注意しなければなりません。

さてそれでは実際にFacebookの活用方法
について私なりにちょっとまとめてみました。

ポイントは3つです。

その1 売り込みはしない

Facebook内での売り込みは暗黙のルールとしてNGとされています。

「されています」というよりは、されたら嫌ですよね?

Facebookというのはオンライン上のお付き合いではありますが、オフライン、要するにフェイスtoフェイス
で合っているのと同じです。

リアルで迷惑だと感じる事は、Facebookでも迷惑である、という事です。

その2 勉強会には積極的に参加する

Facebookの活用方法を勉強したいというオーナーはたくさんいらっしゃいます。

勉強会に参加するということは、集客したい、売上げを上げたいという方が来るという事です。

あなたと同じ悩みを持っているオーナーさんの集まりなので、志の高いオーナーさんとのつながりができ、モチベーション維持にもなります。

その3 活動は毎日報告する

名刺交換の後に「顔」と「名前」を同時に継続的に覚えてもらうのは不可能です。

ですが、Facebookの場合は、名前と顔さえしっかり掲載していれば、記事が更新されるたびにあなたの顔と名前が表示されるわけです。

これは名刺交換では実現しない事ですよね?

Facebookでビジネスを拡大させようとする意気込みはすごく重要です。

全国的に販売できる商品、サービスがあれば別ですがそういった商品がないオーナーさんがFacebookを使って商品を売るのは出来ないと思って下さい。

対面商売となんら変わりはない

Facebookは結局のところ
「オフライン」と一緒なんです。

オフラインと同じような感覚でFacebooで活動出来るかどうかが、Facebookを活用方法のキモになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください