集中力を高める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

集中力を高める方法です。

びっくりするくらい集中力が高まります。

もしも今あなたが、「集中力がなくて困っている」と感じていれば、今回の内容はきっと役に立つと思います。

そもそも集中力とは?

集中力とはいったいどういうものなのか?

集中という単語をwikipediaで調べてみると、「ひとところに注ぎ集めること、注ぎ集まること。」だそうですね。

一つの物事に注ぎ込む力

これが集中力だと思います。

集中力が低下する原因

これはとても簡単です。

現代社会に生きている人は一つの物事に注ぎ込む力が弱くなっているというよりも、たくさんの人、モノ、情報に囲まれることで、本来の力を失っているだけだと感じています。

右を向けば動画。
左を向けば広告。
正面を向けば人付き合い。
後ろを向いてもテレビや娯楽。

どこを見渡しても誘惑だらけです。

これでは集中力を高めることよりも集中力が低下することの方が多いと思います。

集中力を高める方法

集中力の正体がわかりました。

集中力が低下する原因もわかりました。

たくさんの情報が集まり、たくさんの誘惑があるから一つの物事に注ぎ込めないわけです。

こう考えてみると集中力を高める方法なんて簡単です。

真逆のことをするだけです。

たくさんの情報を集めるのを辞め、たくさんの誘惑をカットし、一つの物事に注ぎ込むだけ。

「いやいや、そんなことわかってる。

それが出来ないから苦労しているんだよ。」確かにその通りです。

文章に書けば簡単ですが、実際やるとなるとそんなに簡単ではありません。

僕自身も最初はすぐにできたわけではありませんから。

ただここで大切なのは、情報過多の時代だからこそ集中力を高めるのは簡単ではないと認識をすること
だと思います。

仕事をしていれば、電話が鳴ったり誰かが訪ねてきたり。

ついブックマークボタンが気になってクリックしたら抜け出せなくなったり。

やりたいことをやろうと思っていても友達から電話がかかってきたり。

とにかく集中しようと思っても邪魔が入ります。

気付いたら一つの物事に注ぎ込めなくなります。

この「気付いたら」を認識するということが大切です。

認識するようになれば、仕事をしていても電話を取らないようになります。

ついブックマークボタンが気になってもクリックしないようになります。

やりたいことをやろうと思っていて友達から電話がかかってきても電話に取らないでしょう。

集中力を高める方法はまだまだたくさんありますが、ファーストステップとしては、「まずは邪魔な存在を認識する」ということから始めてみてください。

邪魔な存在を認識しない限り、どんなテクニックを使ったとしてもなかなか前に進めませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*