電磁波を抜く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事柄どうしてもパソコンに向かうことが多いです。

パソコン以外でも「電子機器」と呼ばれているものに囲まれていると、「電磁波」というものが体に溜まると聞いたことがあります。

2007年6月、WHO(世界保健機構)は、主に送電線などから出る電磁波についての環境保健基準を発表し、その中で「子どもが0.3〜0.4マイクロテスラ(3〜4ミリガウス)を上回る超低周波磁界にさらされ続けると、小児白血病発症の相対リスクが2倍になる」という疫学調査結果に基づいて「因果関係ありとするには十分強固ではないものの、懸念を抱き続けるには十分強固である」と述べました。

本当かどうかは審議はわかりませんが、記事を見ただけで身震いしてしまいました。

以前よりも目が疲れやすかったり肩が凝りやすかったりしたのでそういったことも重なったのもあったんですけどね。

なので、最近はなるべく電磁波を抜くようにしています。

これは僕の周りの成功者がやっている方法で実際に効果が出ている方法なのでシェアしますね。

やり方は簡単。

「素足で大地に立つ」それだけです。

なるべくなら土のある環境がいいです。

アスファルトではNGです。

僕は意識して2時間に1度は外に出て、大地に立って電磁波を抜いています。

やってみたらわかりますが、すごくスッキリします。

是非やってみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*