ネット集客で失敗する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネット集客では失敗する理由があります。

常に面倒だと思っている

例えばホームページやブログを運営している時、・この文章を見てくれている・ここは信じてくれているだろう・問い合わせが来るであろう

という気持ちで作っていると、それは本質的に見込み客の事がわかっていません。

何がわかっていないかというと、「見込み客はすっごいめんどくさがり屋」だという事です。

それはどれくらいのレベルかというと、・クリックするのが面倒
・読むのが面倒
・早く調べものに到達したい

そんな事ばっかり考えています。

これはそもそもですが、「なぜインターネットを活用しているか?」を深く考えていると、その答えにたどり着くと思います。

インターネットを使う人の心理とは?

人はなぜインターネットを使うんでしょう?
と考えた場合、以下のような答えが出てきます。

・無料である
・少ない時間でたくさんの情報が得られる
・自分の悩みを解決できる
・いつでも見る事が出来る
・どこでも調べる事が出来る
・簡単に調べられる
etc…

ホームページやブログを見る事で、いちいち課金されていては、おそらくみんなちまなこになってあなたのホームページやブログから情報を得ようとします。

でも、実際は無料ですし、いつでもどこでも簡単に簡単に無料で調べる事が出来るわけです。

そう考えれば、インターネットってすごいと思いますが、実はこの便利さが見込み客をより一層めんどくさがり屋にしてしまうわけです。

世の中便利になればなるほど、人は堕落します。

例えば、高校を卒業して、車を持てるようになった時どうでした?

それまでの移動手段と言えば「自転車」だったり「電車」だったりしてたのが、いつの間にか「車じゃないと嫌だ」になっています。

なぜ車を使うかと言えば、他の交通機関を使う事よりも、便利だし、早いし、めんどくさくないから。
だったりしませんか??

検索も一緒で、便利な機能が付けばつくほどに、だんだんと人は堕落していきます。

めんどくさがり屋になっていきます。

話を元に戻しましょう。

ホームページ/ブログに訪問する人は、そんなめんどくさがり屋さんばっかりです。

それを本質的に理解していれば、・もうちょっと見やすくしよう・もうちょっとわかりやすくしよう・お問い合わせフォームはここにも入れよう

という思考になります。

見込み客はめんどくさがり屋である

・見るであろう・信じてくれるであろう・問い合わせしてくれるであろうこれではインターネット集客が成功したとしても売上にはなりませんよね。

ネット集客で失敗する理由
は本質的に見込み客の事が分かっていないからです。

「見込み客はめんどくさがり屋である」是非この思考で作業に取り組んでみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください