無意識の自分に感謝する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「感謝って大切」というのは、知っている人も多いです。

ベストセラーの本にも、「感謝しましょう」ということが書いてありますし、世界的に有名な教育家、ヘレンケラーさんも感謝の大切さを伝えていました。

周りの人に感謝しましょう。全ての人・物に感謝しましょう。

と伝えています。

では「まず何に感謝」をするべきか?というと、おそらく自分だと思っています。

人には健在意識と潜在意識があるのは知っていますよね。

健在意識というのは、普段意識している意識のことです。

自分たちがコントロールしている意識です。

潜在意識というのは、呼吸や臓器の動き、血液を流したり、血圧を上下させている意識のことです。

自分たちがコントロール出来ていない意識です。

一般的に「無意識」と呼ばれているのが潜在意識です。

呼吸を止めましょう。と思っていても、苦しくなったらハァハァと息をしちゃいますよね。

コントロール出来ません。

具体的な割合についてはよくわかっていませんが、健在意識10% 潜在意識 90%と言われています。

自分たちが決定している全ての意識というのは、体をささせているたった10%に過ぎないということですね。

ということは、今生きているのは誰のおかげか?

家族?友人?親友?

いいえ。潜在意識の自分なんです。

そう考えると、「まず何に感謝するべきか?」それは「潜在意識の自分」ですよね。

生かしてくれているんだもん。

周囲の人の感謝が出来ていても、潜在意識の自分に感謝する、これってなかなか出来ません。

ちょっとだけ無意識の自分に感謝してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*