不確実なものを減らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰でも確実なことを好み、不確実なことを嫌う傾向にあります。

例えば、

・1万円が確実に当たる宝くじ
・10万円が10%の確率で当たる宝くじ

どちらを選びやすいか?

というと、大半の人は「1万円が確実に当たる宝くじ」を選ぶと思います。

「10万円が10%の確率で当たる宝くじ」は確実ではないからだと思います。

ビジネスにおいてもそうです。

・確実にうまく行くビジネス
・うまくいくかどうかわからないビジネス

では、やはり大半の人が、「確実にうまく行くビジネス」を選びます。

ですが、残念ながら、「確実にうまく行くビジネス」はそうそう見つかりません。

そんなビジネスがあるんだったら、とっくにみんなやっています。

ということは、大半の人が「確実にうまく行くビジネス」を狙っていながらも、結局は「うまくいくかどうかわからないビジネス」を「選ばざるを得ない状況」にあるんだと思っています。

確実を狙いたいけど、ほとんどがそうではない現実。

ここにフラストレーションがうまれていると思っています。

逆に書くと、「不確実」を「確実」に転換出来ればビジネスは成功するということです。

別に難しいことはありません。

ではどうやったら不確実を確実に転換出来るか?

それが「リサーチ」です。別名でいえば、調査です。

市場がどれくらいなのか?見込み客がどれくらいいるのか?時期的に大丈夫なのか?歴史は?競合は?いくら必要か?立地条件は?

徹底的に「不確実の要因」となるものをリサーチによって「確実な要因」に転換していきます。

一気に出来なくても、一つ一つ丁寧に転換していくと、不確実なものの方が少ないことに気付いてきます。

不確実なものが少なければ少ないほど、ビジネスの成功が「確信」に変わり、やりたくてやりたくてたまらない衝動にかられてきます。

これがビジネススタートのタイミングだと思います。

もちろんそれで全てうまく行くとは言えませんが、リサーチする癖をつけてしまえば、どんなビジネスでも出来ると僕は信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*