不向きを理解すればうまくいく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・何をやってもうまくいかない方
・ノウハウコレクターの方

にとっては、「今知っておくこと」の可能性があるので、是非最後まで読んでみて下さい。

向き不向きがある

聞いたことがあるかもしれません。

人には向き不向きというものがあって、不向きなことを一生懸命やるよりも、向いてることを一生懸命やった方が、結果が出やすいということです。

例えば、

・インターネットビジネスが向いている人
・オフラインビジネスが向いている人

大きくわけてもこの2つがあります。

インターネットビジネスに向いていない人が一生懸命インターネットビジネスを頑張るより、オフラインビジネスに力を入れた方が、より簡単に結果が出ます。

逆もそう。

オフラインビジネスに向いていない人が一生懸命オフラインビジネスを頑張るより、インターネットビジネスに力を入れた方が、より簡単に結果が出ます。

僕の場合。

30歳までは接客業が好きで、リサイクルショップで働いていました。
月収は25万円くらいだったと記憶しています。

その時は、完全にパソコン音痴で「アナログ人間だぜ。」と豪語していました。

30歳でアフィリエイトに出会い、6ヶ月でアフィリエイトで継続的に20万円くらいは収入になってくるようになりました。

独立してホームページ制作会社をやったり、FXの自動プログラムを作ったり、セミナーを開催したりしていました。

で、現在は年間億を売り上げる会社に成長しました。

(ここまでで6年かかりました)

僕も向き不向きというのを理解していなくて、時間がかかりました。

結果、インターネットビジネスが向いているオフラインビジネスが向いている両方合ったわけです。

で、今のビジネスは、「両方をハイブリッとして、いいとこ取りをしながら展開している」ということをやっています。

向き不向きというのはすぐにわかるわけでもなく何年もかかることかもしれませんが、それを早く察知して、「自覚しながら次に活かす」ということがとても重要です。

・何をやってもうまくいかない方
・ノウハウコレクターの方

それは向いていないだけなのかもしれませんね。

一度何もしない時間を作ってじっくり考えてみて下さい。

「向き不向きがわかったらどのようにしていけば結果が出やすいですか?」簡単です。

「向いていることに特化する」です。

考えるのが向いていると感じていれば、「考えること」に特化する。

作業することが向いていると感じていれば、「作業すること」に特化する。

メルマガを書くのが向いていると感じていれば、「メルマガを書くこと」に特化する。

人と話すことが向いていると感じていれば、「人と話すこと」に特化する。

で、特化すればするほど、「他の作業」がおざなりになってしまいます。

では「他の作業」はどうすればいいのか?

「向いている人に任せる」これだけです。

完全分業すれば、結果の出るスピードが段違いです。

世の中の成功者は、たいていは「分業」して、結果を早く出しています。

ビジネスの現場ではやること、考えることが盛りだくさんです。

それを全部1人でやることはまず不可能です。
※小さい結果でいいのであればいいんですが。

まとめます。

結果を早く出したい人は、自分が向いていないことは向いている人に任せるクセをつける。

ただこれだけで結果が出るのが段違いに上がりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*