プロのアスリートになりなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あーー、おなかすいた…。

朝食は食べる事が出来ず、お昼に食べたカップラーメンは、11時半という中途半端な時間。

そして気づいたら18時。

仕事が多忙すぎて途中で何も口に入れる事が出来ない状況が続きました。

そんな時、友人から外食のお誘いがありました。

お店は近所の中華料理店。

メニューを開くと、よだれが出そうな料理が並んでいます。

「今なら全部頼んでも食べられるんじゃないか!?」というくらいおなかがすいている状況です。

だって、お昼の食べたカップラーメンは11時半。

仕事は大忙しでおなかと背中がくっつきそうな勢いですから。

早速料理を頼み、たらふく食べる事が出来ました。

ではおなかがいっぱいになったらどうなるか。
想像してみて下さい。

さっきまでおなかがすきすぎておかしくなりそうな状況。

でも今はおなかいっぱいですぐにでも横になりたいような状況なんじゃないでしょうか?

おなかいっぱいの状況で、次の料理を出されても、食べる事ってできませんよね。

普通の人なら帰って横になってテレビを見て、お風呂に入って寝るだけです。

でも例えばアスリートの場合は、食べた料理を筋肉にするためにちょっとでもトレーニングをするのでは?

さて何が言いたいのか??

これって世の中に蔓延している、いわゆる「稼げる情報」というのと似ていると思いませんか??

・セミナーに行ってすばらしい知識を頂いた。
・友人から儲かりそうな情報を教えてもらった。
・儲かりそうな情報を買った。

さっきの食べ物の例で当てはめると、帰ってすぐに横になるのは、アスリートではないただの一般人。

食べたものを筋肉に替えようとするのは、プロのアスリート。

おなかいっぱいの状況で、どっちを選択するのか。

面白そうな情報を手に入れた状態で、目指すのはどっちですか??

まとめ知るって事も大切だけど、知りすぎて何も出来ない状況にならない事が大切。

おなかいっぱいの状態で、次の料理を料理は食べられません。

でもおなかがすいたからといって、次の料理を食べようとしていては、結局…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*