行動し続ける人は「行動した人」のわずか5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日の記事は「年収1000万円以下」の方を対象にしています。

年収1000万円がお金持ちか?と言われれば、それは疑問かもしれません。

でも年収1000万円あれば、プライベートでも仕事でも「ある程度」好きな事ができます。

お金持ちになれない人の特徴。

それは、「行動できない人」です。

「行動の重要性」
については何度も記事にしているため、「行動する事」については、飽き飽きしている方もいるかもしれません。

でもね、それほど「行動する」ということが重要なんですよ。

わかっていても出来ない人が多いので、何度も書きます。

お金持ちになるための条件としては、「即行動」しなければなりません。

・セミナーに行って言い事を聞いた
・知り合いからビジネスの紹介があった
・「これをやればうまくいくぞ」というアイデアを思いついた

はっきり言いますが、そこいらでのセミナーや、個人が考え付いたアイデアなんて、「誰でも知っている情報」なんですよ。

それがどんなに儲かる情報であったとしても。

それを知っている人は本当にたくさんいます。

でもその中で実際に行動する人というのは非常に少ないんですね。

だからこそ「行動する」そして「行動し続ける事」が重要なんです。

1. 情報を聞く
2. 行動する
3. 1ヶ月間行動し続ける
4. 2ヶ月間行動し続ける
5. 半年間行動し続ける
6. 1年間行動し続ける

ビジネスを達成するためには、必ずこういった行動のステップを踏みます。

※途中で分析、再構成などもありますが、今回は省いています。

このステップを見たら想像つくと思いますが、数字が大きくなっていくにつれて、「脱落者」が増えていくんですよ。

脱落者というのは、結局やめてしまった人の事。

1~3位までは自分だって出来るさ。

なんて思う方もいると思いますが、実は「1 情報を聞く」でとまっている人が多いんです。

このような情報があります。

情報を聞く人は、興味がある人の50%
実際に行動に移す人は。「情報を聞いた人」の30%
そして行動し続ける人は、「行動した人」のわずか5%

だから結果を出す人が非常に少ないわけです。

ビジネスにおいて、結果が出ないという事は、「お金も入らない」という事。

つまり、お金持ちになれない。という事です。

もちろんどんな事でも行動し続ければいいのか?

というのは、人によって向き不向きがありますので、それは早い段階で気づくというのも重要なんですよ。

まとめ
年収1000万円以上になりたかったら、まず行動する事。

そして行動し続ける事が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください