客と喧嘩しろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日の記事は、ちょっと刺激が強くなるかもしれませんので、タイトルを見て「何だと。」と思った方は、読まないで下さい。

前回書いた記事で、メルマガで「何があったんですか?」と声をいただきましたので、その内容に関するものです。

営業でも、サービス提供者でも、商品販売者でも、「お客は選ぶべき」だと思います。

まれに、「私はお客さんなんだから」と言っているのを聞くと、げんなりしてしまいます。

お客だからって何をしてもいいのでしょうか?

・値引きが当たり前?
・打ち合わせは時間を守らないのが当たり前?
・何を言ってもいい?
・どんな言葉使いでもいい?

そうではありません。

お互いに礼儀を守り、お互いが誠実に対応する。

サービス・商品の販売というのは、「価値と価値の交換」だと思っています。

価値というのは、お客が決めるもの。

でもお互い礼儀を忘れてしまったら、それはいけないと思います。

値引きが当たり前?
販売者は何かメリットを感じない限り、「値引きされた」と感じ、真の意味で一生懸命にサービスが提供できません。

それでは損ですよね。

打ち合わせは時間を守らないのが当たり前?
約束も守れない人とがビジネス出来るでしょうか?
販売者といえど時間があります。

時間は大切です。

大切な時間を奪っていい権利がお客にあるのでしょうか。

何を言ってもいい?
どんな言葉使いでもいい?

今はお客側かもしれませんが、将来あなたのお客になるかもしれませんよ?
客なんだからこれくらい平気だろう。

という考えではいないで欲しい。

お客だから上、販売者だから下、ではありません。

お客と販売者は対等です。
商品を販売するためにはお客様の事を考えて作ります。

サービス提供であれば、どうやったらお客が喜ぶか、一生懸命考えて提供しようとしています。

「お客様は神様です」どちらかがそう思った時点で、ビジネスは崩壊するでしょう。

今回私が喧嘩したお客は、「打ち合わせの時間を1時間前に平気でキャンセルする方」でした。

まとめ
お客は神様じゃない。

お互いが礼儀を守ってこそビジネスは成立する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*