守破離を徹底しなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

考え方を学び、何でも出来ることはチャレンジしましょう。

メンターを探すことも重要です。

では次に何をするか?

つべこべ言わず、マネをしろ。

守破離。

という言葉はご存知ですか?

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。

日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベース
となっている思想でもある。

【守】

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。

【破】

その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。

【離】

最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

wilipedia
より抜粋


古来より日本で伝えられている伝統的な、考え方の一つです。

メンターを持つという事は、自分が将来なりたい、と思えるような「鏡」を見つけた、という意味にもなります。

将来メンターのようになりたい、

・金銭面
・知名度・ビジネス
・健康
・考え方
・交友関係

etc…

どんなメンターを持つかは人それぞれですが、まずはメンターの言う事を「守る」というところから始めましょう。

全てを守るのか?

「教えを守る」というと、何でもかんでも言う事を聞かないといけないのか?

と言われそうですが、何でも言う事を聞くと言う事。

もしもメンターのようになりたいのであれば、つべこべ言わず、言われた事をしっかり守り、やってみる事です。

失敗する例

「〇〇をやった方がいいよ」と言われたけど、面倒だから辞めておこう。

「メンターはこうやってるけど、すごく遠回りな感じがするから最短でやるには…」
このように考え、言われたとおりにしなかった、やろうとしなかった場合は、まずはうまくいきません。

メンターは面倒でも、やって成果が出たものに関して、やり続けています。

それをわざわざ見せてくれています。

でもやらない。

だったら結果が出るはずもありません。

おそらくメンターもそれに気付いて、最短の事もやろうとした事があるでしょう。

でも結果が出なかった。

だから今のやり方を通している。

そういった可能性だってあるんです。

頭でっかちではうまくいかない

自分で稼ぐという事は、「行動してなんぼ。」「行動し続けてなんぼ。」の世界です。

それ以外で稼げる方法なんてありません。

いくらセミナーに参加したり、勉強したり、専門書を読み漁ったり、図書館に行って勉強したり、お金を払って情報商材を買ったりしても、結局残るものがないんですね。

頭には栄養が行っていても、体に伝わってないんです。

だから身体も動かない。

身体が動かなければ、何も「結果」として残らない。

頭でっかちでうまくいってるんだったら、世の中成功者だらけになってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*