成功の定義を明確にすれば最速で成功する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・仕事・計画などがうまくいくこと。
・目的を達成すること
・相当な地位や財産を得ること
・功を積むこと。年功

インターネットで成功という単語を調べてみると、このように表現されています。

世の中に成功したいという人はたくさんいますが、

・お金持ちになりたい
・健康になりたい
・色々な人と付き合いたい一言に「成功」といっても意味は人によって違います。

・お金持ちになりたい ⇒ 何がお金持ちと言える状態なのか?

・健康になりたい ⇒ どんな状態が健康なのか?

・色々な人と付き合いたい ⇒ どんな人の付き合い方が成功なのか?

実際に僕が知り合った人でも成功の定義は人によって大きく違いました。

・年収1,000万円になることが成功。
・医者に頼らなくても生きていけることが成功
・億万長者と仲良くなることが成功
・子供を無事に育てることが成功

成功の定義は人それぞれ
なのです。

成功の語源

もう少し成功という単語を調べてみました。

英語で書けば「success」です。

英語のSUCCESSという単語は、実はラテン語が由来になっているようです。

ラテン語:successus
(suc-は下に,次に +cēdere来る +-tus=次に来ること→成功)

※プログレッシブ英和中辞典(第4版)より抜粋

ラテン語では「次に来ること」が成功という意味らしいのです。

何の次に来るのか?
それは「失敗」なんですね。

失敗は成功のもととはよく言いますが、語源を理解していて作ったのか、それとも経験則だけで作ったのかわかりませんが、どちらか一方だけで作った言葉だとしても奥が深いなと感じます。

英語の語源と日本語の語源は違う

さらに深く深く調べてみると、英語の語源と、日本語の語源はどうやら違うようです。

成功【じょうごう】
朝廷の臨時の出費に私財を寄付した者に官位を与えたこと。

平安末期には諸国の受領、鎌倉初期には八省の判官までが対象とされた。

※大辞林 第三版より抜粋

これが日本語の成功という言葉の語源です。

何か現代で使われている成功という言葉と似たような感じがしますね。

興味深いです。

あなたの成功とは何ですか?

もしかすると今この記事を読んでいるあなた自身も成功したいと思っているかもしれません。

もし成功したいと思っているのであれば一つ教えてください。

「あなたの成功の定義とはなんですか?」

どうでしょうか?
一瞬で答えられたでしょうか?

僕は今あなたがどんな人なのか、どういった状況で読んでくれているのか、なぜこの記事を読みすすめているのかわかりませんが、おそらくは今の質問に答えられた人はあまりいないと思います。

なんとなくお金持ちになりたい、なんとなく痩せたい、体脂肪率を減らしたい、なんとなくこんな人と付き合いたい。

僕がリアルに知り合ってきた人でも10人中9人は自分自身の成功の定義
を答えられずにいました。

成功したいのにも関わらず自分自身の成功がどういった状態なのか分からない人の方が多いのです。

成功の定義を明確にする理由

成功の定義を明確にするのには理由があります。

・なんとなく成功したい
・なんとなく健康になりたい
・なんとなく良い人間関係がつくりたいもちろんそういった状態でもいいと思います。

なんとなくでも自分自身の成功を手にしている人はたくさんいますし、成功の定義を明確にしないと絶対に成功できないというわけではありません。

ではなぜ成功の定義を明確にした方がいいのか?

成功のスピードが加速するこれに尽きると思います。

10年かかるところが5年で達成できるかもしれません。
1年かかるところがわずか数か月で達成できるかもしれません。

人間は脳でイメージしたことしかできない

人間は脳でイメージしたことしかできないこんな言葉は聞いたことがありませんか?

脳でイメージしてしまえば、どんなことでも叶えてしまいます。

まるでドラえもんの夢の道具のように、イメージさえしてしまえばいいのです。

イメージしたことは現実になってしまうのです。

例えば、真っ黄色のレモンを想像してみてください。
もぎたてで張りのある弾力です。

包丁で真ん中でザクッと切ると、果汁がジュワッと出てきました。

中にはみずみずしい果肉でいっぱいです。

天井を見ながらその果肉を口にたらしこもうとしています…。

どうでしょうか?
今あなたの口には唾液が出ていませんか?

※僕は書きながら出てきてしまいました…。

目の前に本物のレモンがなくても、イメージしただけで身体は反応してしまうのです。

そして、面白いことに具体的にすればするほど身体が反応してしまいます。

レモンの例でもそうです。

先ほど例に挙げた文章が、「レモンを飲むイメージをしてみてください。」だけだったら先ほどと同じくらいの量の唾液は出たでしょうか?

おそらく違うでしょう。

具体的にイメージすればするほど身体はより反応してしまうのです。

成功の定義を明確にする理由は、脳がよりイメージしやすくなるため成功のスピードが加速するということです。

最速で成功してしまう

ただなんとなく成功したい、それだけでも成功はできると思います。

世の中の成功者の大半の人がなんとなくで成功していたかもしれません。

なんとなく成功でもいいのです。

ですが、人間は脳で具体的にイメージすればするほど身体が反応してしまう生き物です。

具体的にイメージしてしまうと嫌でも反応してしまうのです。

具体的にイメージしてしまうと嫌でも成功のスピードが加速してしまうのです。

嫌でも最速で成功してしまうのです。

こんな単純なことで本当に成功のスピードが上がるのか?

そう思ってしまうかもしれません。

ですが具体的にイメージすることはいつでもどこでも無料でできます。

試しにやってみる価値は十分にありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*