長所は伸ばすな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ちまたの書籍では、「長所を伸ばそう」といった内容が書かれていますが、僕は、「長所は伸ばさない」と感じています。

長所を伸ばすとは?

そもそも「長所を伸ばす」という意味ですが、

」」」」」」」」」」
・得意な事をのばす
・不得意な事はやらない

」」」」」」」」」」
ととらえています。

でもこの言葉通りにやっていては、自分が望む結果なんて出ないと考えています。

どういう事かと言うと、・得意な事をやり、 不得意な事をやらない
をそのままとらえすぎると本来はやらないといけなかった「不得意な事」をやらずに放置してしまうからです。

やりたい事があっても不得意な事をやらなければ結果なんて出ませんよね。

つまり、不得意な事は放置していてはだめだという事です。

で、大切なのはここから。

不得意な事はやらないではなく、不得意な事は任せるこれが出来るか出来ないかで結果が出る、出ないも変わります。

そこで必要なのは、「任せる人へのメリット」ですが、報酬という形でお金を渡すという事も必要ですが、お金以外にも、

」」」」」」」」」」
・趣味
・お客様紹介

」」」」」」」」」」
こういった報酬もあるでしょう。

結果を出す方法

結果が出ない人というのは、

「結果は出したいけど、不得意な事はやりたくない。
長所を伸ばせばいいんでしょ?
とりあえず不得意な事は放置しておこう。
だって人に頼むとお金とか色々面倒だし…」
それは違います。

長所を伸ばすなという意味は、

」」」」」」」」」」
長所を伸ばしつつ、不得意な作業は報酬を払ってまででも人に任せて不得意な作業をカバーする

」」」」」」」」」」
こういった考えを持っていれば長所なんてどんどん伸ばすべきだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*