「考える」=「考えていない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人の話を聞いていると、「考えておきます」という言葉をよく聞きます。

例えば、その人にとってすごく魅力的なオファーを出したとしても、「考えておきます」と答えます。

絶対やった方が良いよ。という情報を提供したとしても、「考えておきます」と答えます。

それが今その人にとってどんなに必要なものであっても、「考えておきます」です。

そしてその後答えは教えてくれません。

まぁこっちもあえて聞かないようにしているので、答えを知るよしもないんですが…。

でもね、考えますと言ったその人が、本当に望んでいる結果が待っているかと言うと、「待ち望んだ結果になっていない」ことが多々あるわけです。

※ビジネスの場合だと特に。

「だから言わんこっちゃない」なんですが、人の人生それぞれなので、こっちもあえて言いません。

さて、僕が思うに、この「考えておきます」という言葉ですが、そういった言葉を聞くたびに、「あ、この人は考える気がないんだな」と思っているわけなんですね。

「考える」=「考えていない」なんです。

「考えておきます」という言葉を残した人の80%以上は、「考えていない」んです。

考えていないというと誤解が生まれるかもしれませんので、付け加えると、「考える優先順位は低い」ということです。

本当に真剣にやっている人は、すでに「考えている」ので、その答えになりえるものが目の前に出てきたら、容赦なく食いついてきます。

考えるという間もなく、すぐに行動に移しています。

そりゃあもう、猛獣のごとく「ガオォ~」って感じですよ。

こっちが引くくらいのスピードで行動に移しています。

「どうしますか?」と聞くと、「もう聞きながら行動に移してました」なんて猛者もいます。

そういう人は、すぐに結果を出すので見ているこっちも気持ちがいいですし、何より「大きな気付き」が得られるので、成長し続けられます。

「考えておく。」という位なら、考えない方が楽ですし、やるほどの情熱がない。

ということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*