キャッチャーミットを持って世間を渡ろうとするな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人にはおもてなしの精神が備わっています。

例えば「キャッチャーミットを持って世間を渡ろうとするな」という格言があるのは知っていますか??

「キャッチャーミット」というのは野球の捕手が使う道具。

それはボールを受けるための道具ですよね?

つまり、世の中を渡るのに、ボールをくれくれと言うだけではなく、きちんと相手にボールを投げられるような行いをしなさい。

という意味の格言です。

これはオフラインビジネスでも当たり前の精神ですが、インターネットビジネスにおいてももはや当たり前です。

「無料オファー」という手法がありますが、無料であげて見込み客を獲得する。

※ただし良い内容の無料オファーに限る先に良い物をあげる。

だから私の読者になりませんか?という裏のメッセージが投げかけられています。

こうすることで初めての相手でも感動を得られたり、信用を得られたりするわけですね。

でもどこかで、

「とりあえず何でも作ればいいや」という風潮が流れているのはとても残念な事です。

結局はビジネスでも、遊びでも大切なのは、「人」なんです。

そこに「心」が無ければ、結局の所うまくいかない。

一時うまくいっていたとしても、それは長続きすることはないかもしれませんね。

日本人として「おもてなしの心」しっかりと育てていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*