いつまでも続かない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「本質的に成功する方法」について記事を書きます。

「本質的」というのがミソで、ここを理解しておけば誰でも成功しちゃうんじゃないかなって思っています。

存続する事

一言で言ってしまえば、ここでしょう。

「存続」しないと、企業として成り立ちません。

もちろん、存続していく中で、利益を出し続けるという事が大切になってくると思うのですが、僕が思うに、莫大な広告費をかけても優秀な従業員を雇ってもつぶれるときはつぶれます。

これは時代の変化に対応しきれなかったり、法律の変更なんかでも起こりうる問題です。

ではどうすればよいか?

これはどんな分野においても、そうなんですが、「常にリスクを考え続け、存続する事に徹底する」という事が大切だと思っています。

商品サイクルは年々早くなる

G〇eeやモ〇ゲーさんのように、どんなに今成長している分野のビジネスでももしかしたら来年にはつぶれている可能性だってある時代です。

その為には、今のうちからどんなリスクがあったとしても対応出来る企業作りだったり、人事だったり、考え方を持つという事が大切だと思います。

商品サイクルは年々早くなっています。

・いつまでもこれが続く
この考え自体を持っているという事こそが、存続出来ない大きな理由ではないでしょうか。

そうならないよう、僕自身も常に成長を続けなければならないと思っていますし、クライアントにもしっかりと伝えて行かなければならない事だと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*