全てがうまくいくわけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「見切り発車」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

ある程度準備出来たらスタートラインを超えていなくても始めること。

というニュアンスの言葉です。

さて、コンサルをしていると、「そんな見切り発車は出来ません」と言われます。

・もう少し準備出来てから・お金が貯まってから・まずは先に片付けることがある色んな理由から、見切り発車しない人が多いです。

ここで興味深いデータがあるんです。

世の中の成功者のほとんどが見切り発車でスタートした。という事実です。

あれもこれもそれもどれも完璧にしてからスタートしたというよりは、「とりあえず初めてみよう」という感覚でスタートした人がほとんどです。

「ノリ」ってやつですね。

現に僕の周りのうまくいっている経営者も、だいたいノリでスタートしてもうまくやっています。

「見切り発車状態」でスタートしているわけです。

ビジネスをする上で、よく「完璧主義になるな」と言いたいわけではありません。

僕は他人からよく、「完璧主義だな」と言われることがあるので、完璧にしたいという気持ちは少しながら理解しているつもりです。

では何でこんな記事を書いているか?

完璧に仕上げれば仕上げるほど、うまく行かなかったときの挫折感が半端ないからです。

何でもそうですが、準備を完璧にしようが、適当に準備してスタートしようが、うまくいくものはうまくいくし、駄目なものは駄目です。

大切なのは、「全てがうまくいくものではない」という考え方なんですね。

そもそもうまくいくかいかないかがわかっていれば、誰も苦労なんてしません。

全部うまくいかせようとするから完璧主義になるし、完璧に準備しようとするとそれだけ時間もお金もかかる。

完璧主義が悪いというわけではありません。

準備は大事だし、怠っても良いことはないです。

ですが、うまくいくかわからないことをスタートするのに、準備に完璧もくそもないんですね。

・うまくいったことは続ける。
・うまくいかなかったことは今すぐ辞める。

見切り発車でスタートすれば、色んな経験が出来るので、その上で続けるのか辞めるのかを判断すればいいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*