いきなり大きな岩は動かない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうやったら出来る言い訳を出来るようになるか?

について書きます。

小さな事からコツコツと

イメージしてみて下さい。

目の前には5メートルもあるような大きな岩があるとします。

推定の重さは5トン。

これを10メートル先のごみ捨て場に動かして欲しい。

と言われたとします。

さすがにそんな大きな岩を見て、「すぐに動かせる。」と思えるような人はいないでしょう。

※重機はつかっちゃだめです。

ではどうやって動かすか?
ですが、答えの一つに、自分が持ち運べる大きさに削って持ち運ぶ
という考え方があります。

いきなり持ち運べないなら、自分の持てる大きさにすればいいだけ。

いきなり大きな岩は動かせません。
それはみんな一緒です。

大きな岩と問題は一緒

ぶつかった問題でも一緒です。

いきなり大きな問題は解決出来ません。
それもみんな一緒。

だから自分のわかる範囲で少しずつ解決していけばいいんです。

そうすればだんだんと小さくなっていく。

自分が解決出来る小ささまでになったら、それを解決すればいいんです。

自分がすぐに出来ないような問題は、出来る問題にまで小さくしてみて考えてみてください。

だったら出来ない言い訳なんてするほうが難しくなってきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください