まずは自分が経験する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮崎から移動し、今日は大分県に来ています。

昨日の夜の話をシェアしようと思います。

大分市と言えば、「魚が美味しい街」と聞いたので、ホテルのすぐ横にあるとある魚料理屋さんに行きました。
※チェーン店かな?

僕が注文する時に必ず、店員さん(なるべく若い女の子)に、「どれが一番美味しいと思った?」と聞きます。

「ん〜〜〜」と言ってたら「これは?」とかメニューを指差します。

昨日の店員さんは、指差しした後に、「これは食べた事無いんでわからないですね〜」って言ってました。

すごく残念に思いました。

お店のメニューにある食べ物くらい、スタッフ全員に、そしてスタッフの家族全員に食べてもらう。

そのくらいはした方がいいと思うわけです。

全メニューを食べた上で、ホールに立たせる。

そうしないと、「本当にお客さんに食べてもらいたい物」ってわからないと思うんですよね。

「これはクセがあるけど、●●というお酒と合いますよ。」とか、「私は好きではないけど、苦みが好きな人には喜んでもらってます。」とか、「お目が高いですね。実は利益が少ないらしいんですけど、私が一番オススメしているものです。」とか言われると、お客さんも嬉しいと思うんですよね。

別に昨日行った店をディスってるわけでないんです。

「飲食店で成功したい。」と思っている方は、最低限、「まずは自分が経験する」くらいはやってくれたら、来てくれるお客さんにも本当の満足ってしてもらえるんじゃないかな、と感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください