同情 = 最強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕が今最強のスキルだと思っているものがあります。

「同情のスキル」です。

「同情」という言葉だけ聞くと、

・かわいそう…
・気の毒に…
・何とかしてあげよう…

というような、ものではありまえせん。

「相手と同じ感情になる」これが「同情」という意味です。

なぜ「同情」が最強か?

例えば何かサービスを売りたい時、どのように売りますか?

チラシ?ホームページ?
テレビCM?Facebook??

それらを先に考えますか?

いいえ、違います。

「サービスを買いたいと思っている人が、何を考えて、何に悩みを持っていて、何に不満を感じているか?」そして、「どこにいて、何が趣味で、具体的にどんな結果が欲しいのか?」相手の立場にたって、どんな感情を持っているか?

が先なんですね。

それがわからなければ、どんな広告も反応がとれませんし、お金を無駄に使うだけの可能性も出てきます。

これは商売だけではありません。

どんなことでもそう。

相手が何をほしがっているのか?
どんな痛みを避けたいのか?

「相手と同じ感情になる」これが出来る人は、どんなことをやっても成功出来ると思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*