相手を知って自分を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は、『喧嘩にならない方法』について書いてみます。

日本の離婚率はおよそ40%を超える

知ってました?
世界の離婚率。

アメリカでは約50%以上が、日本でも約40%以上の夫婦が離婚しています。

経済的な理由や正確の不一致、その他にも色んな理由があると思います。

で、行き着くのが『喧嘩』。

喧嘩になることがなくなれば、おそらく離婚も少なくなるでしょうし、離婚問題に使っている時間を自分の夢や目標に使うことが出来れば、より世界は良くなると思います。

やることは簡単。
『相手を知ること』です。

具体的なテクニックを紹介します。

【愛の言語】

人が愛情を感じるには5つの言語があると言われています。

言葉

言葉で愛を感じるタイプ

体験

身を寄り添い合う中で愛を感じるタイプ

時間

時間を共有することで愛を感じるタイプ

プレゼントをもらえれば愛を感じるタイプ

空間

同じ空間にいるだけで愛を感じるタイプ

この5つです。

ステップ1で、相手がこの5つのタイプでも、どれに当てはまるのか考えてみて下さい。

ステップ2、自分がどのタイプかを考えてみて下さい。

ステップ3、相手と自分がどのタイプかを比べてみて下さい。

例えば相手が『言語タイプ』自分が『体験タイプ』であれば、相手は『愛してる』と言ってもらいたいだけなのに、これだけ身を寄り添っているのに愛を感じないのは、何なのか!?

という疑問は解消されるはずです。

相手と自分。
これはノットイコールです。

これは男女の関係だけではありません。
ビジネスパートナー、友人関係、どんな間でも活用出来る分析方法です。

是非一度試してみて下さい。

相手を知って自分を知る。
あらためて相手を理解出来るようになるので、喧嘩は圧倒的に少なくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*