徹底して作業を分ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事を分ける方法について記事を書いていきます。

仕事を分ける方法

「ブログを書く」で例を挙げます。

ブログを書くためには、

・ネタを集める
・記事の内容
・記事を書く・タイトルを決める
・文章に色を付ける
・画像の用意
・確認する

これらの作業が必要です。

これをいっぺんに作業をする事はまず不可能だと考えています。

まぁ、正確に言えば、不可能ではなく、時間がかかると考えています。

で、実際これらの作業は分けてやっています。

例えば、

・ネタを集める
・記事の内容

普段何気なく歩いている時、人と話をしている時、本を読んだ時。

そんな時に気付いた事をevernoteにどんどん箇条書きで書いています。

記事の内容は、箇条書きの下あたりに、「こんな事を書こう」と、これも箇条書きで書くようにしています。

記事を書く

ネタは常に30個以上は用意している状態を作り、記事を書く時には一気に書き上げます。

今の状態がそうですね。

・タイトルを決める
・文章に色を付ける
・画像の用意

確認する

ここもポイントです。

書きながらタイトルを決めたり、文章に色を付けながらとか、記事を書きながら画像を用意したり、、そんな事はしません。

記事を一気に書いた後、それからタイトルを決め、文章に色を付け、内容にマッチした画像を探す時間を「別で」用意します。

仕事を分けると言う事は、1つの作業でも徹底して分けている事が重要なんですね。

だから、ブログを書く事にも時間がかからないし、継続出来る。

ネタを探しながら内容を考えながら、記事を書きながら色をつけたりするのは、非常に効率が悪い。

徹底して作業を分ける事で作業効率は一気にアップします。

是非やってみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください