同じ趣味は共通言語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事でも遊びでも、「人と仲良くなること」は大切です。

中には、「私はネットビジネス中心だから関係ないね。」と思う人もいるかもしれませんが、「インターネットという、顔が見れない媒体だからこそ、顔が見れない人と仲良くなる事」というのは大切になっています。

今日は人と仲良くなる方法の中でも、特にオススメの内容をお伝えします。

仲良くなっているとどうなる?

まず仲良くなったらどうなるか?

仕事では、仕事上での取引はスムーズに働き、遊びでは、何かと色んなところに遊びに行く事が出来ます。

あなたも経験ありませんか?

初めて会う人とと、今までの顔見知りと、同じ商品を売ろうとした場合、どっちが取引の運びがいいでしょう??

僕の場合は「顔見知り」の方が、取引しやすいです。

まぁ人にはそれぞれ色んな人間関係がありますので、みんながみんな「顔見知り」ばかりではないでしょうが、色んな商品で試した場合、確率的には「顔見知り」の方が取引しやすいと感じるようになります。

一気に仲良くなる

ではどうやったら仲良くなれるか?

それは、「共通の趣味を持つ」です。

人には色んな顔があると言われています。

映画「釣りバカ日誌」での主人公「はまちゃん」という人物がいます。

彼は映画の中で「ダメ社員」のレッテルを貼られていますが、同じ「釣り」という趣味を持つ「大会社の社長」とどんどん仲良くなって、しまいにはすごく大きな取引を持ってくるというストーリーなんですね。

これが全部に当てはまるわけではありませんし、映画の話なので真に受けるのもどうかと思いますが、実際に現実世界でも起きています。

・ゴルフ
・釣り・そのほかのスポーツ
・ラーメン
・旅行

色々あります。

共通の趣味がある人とは、親近感がわきます。

あなたもそんな気持ちになったこと、ありませんか?

「私趣味持ってませんが…」遊びでもゲームでも、変わった趣味でも何でもいいんです。

もしも、「仲良くなりたい人がいる。」と思っているのであれば、相手の趣味は何か?を調べてみる事をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*