いきなり儲けようとするな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「このビジネスを続けるべきでしょうか?」もしもこのような疑問にぶつかった時には、今回の記事は役に立つかもしれません。

■ フロントで設けない

1 広告費を使った
2 お客様が商品を買った
3 利益が出た

理想はこのようなビジネスモデルですが、今の時代、

・ライバルがたくさんいる
・みんな同じように考えている
・景気がよろしくない

こういった背景があってか、残念ながら広告を出したからすぐに儲かる時代ではなくなりました。

つまり、いきなり利益を出す事自体が難しい時代になっているという事です。

ではどうやったらいいのか?

1 広告費を使った
2 お客様が商品を買った
3 利益は出ない(もしくはトントン)
4 顧客リストが手に入った
5 顧客リストから利益発生

このような流れだと利益を出しやすいです。

これは、「化粧品サンプル」がなぜあるのか?を考えればすぐに理由が分かると思います。

なぜあんなに無料サンプルをばらまいているのに、会社がつぶれていないのか。存在し続けているのか。

いきなり利益を出そうとするから、ライバルも多いし、広告費も必要以上にかかる。

だからこそ、フロントで利益を得ようとするのではなく、その後の商品で元以上の利益を出していく。

どうしても利益が残らないよ。骨折り損のくたびれもうけだよ。

そうならないように注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*