時には「やって当たり前」のことも強みになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

売上げを上げたいと思っている個人事業主さんにとって有益な内容
になっていると思います。

是非最後まで読んでみて下さい。

USPを理解する

USPという言葉は知っていますか?

簡単に言うと、「他社にはない、独自の強み」ってやつです。

ウリってやつですね。

ビジネスにおいて、USPがないと、見込み客はなかなか買ってくれませんし、興味ももってくれないことすらあります。

で、このUSPですが、

そもそもないという事業主さんは多いですし、見つけようとしても難しいとおっしゃる事業主さんもいます。

ではこのUSPですが、見つけるのは難しいのか?

僕はそうは思っていません。

というのも、USPは簡単に見つかるから、です。

例えば、

・即日対応
・近所にある
・電話対応が良い

これも1つの強みです。

これが強みと言うと、「そんなことはないでしょ。」と思う人もいるんですが、実際にこれが他社ではやっていないことであれば、見込み客からしてみれば、十分な強みであることもあります。

僕が別でやっているビジネスでも、「即日対応」が当たり前だと思っていましたが、他社がやっていないので、「即日対応」をウリにしてやってみたら、問い合わせが殺到しました。

やったことは、「即日対応」を全面に押し出した。
それだけ。

笑っちゃいました。

サービスでは当たり前のようなことでもどのように訴求するか?

でそれがウリにもなるし、ウリにならないこともあります。

本当に不思議です。

事業者さんが「当たり前」だと思っていることでも一度洗い出してみましょう。

以外と他社さんはやっていなくて、十分なUSPになることってありますから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*