全力で走れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近本格的なトレーニングを行っています。

その中で、「自分の限界を知るためのテスト」を受けてきたんですが、死にかけました。

久しぶりに全力で走った。

という感じだったんですが、もうね…

ヤバかったです。

・37m走
・400m走

たったこれだけだったんですが、走りきった後に、息はぜぇぜぇ、足はプラプラ、意識はもうろう…。

普段どれくらい運動していなかったかというのがよくわかりました。

でもこれからトレーニングを積んで行くことで、変わって行くんだなとも思えました。

で、ちょっと気付いたんですが、これもビジネスと一緒だな、と。

100%全力でやれば、息もぜぇぜぇ、色んな所が筋肉痛でパンパンになります。

歩くのも一苦労です。

でもどうでしょうか?

ビジネスや仕事において、そんな経験していますか?

・もうこれくらいにしておこう・今日はこれくらいでいいか

その程度のことでしたら全力で走ったとは言いません。

全力で走ることが良いか悪いかは別としても、「今の行動が将来につながる」となるとどうでしょう?

60%の力でしたら、全力疾走ではないので、息も上がりませんし、歩くのにも苦労しません。

120%の力を常に出しておくことで息も上がり、歩くのも一苦労です。

でも社会人になってからは、そんな経験が出来ないですし、ビジネスだとよりわかりにくいです。

自分が「もうだめだ。」と思えるくらい一生懸命取り組んで、やっとわかります。

そしてそれが自分の未来を作るんだと思っています。

どうですか?毎日全力疾走していますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*