容疑者は相手にしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は営業力を上げる方法について書きます。

そもそも営業という言葉を調べてみました。

【営業とは?】営利を目的として業務を行うことをいう。ここから転じて、ある特定の行為が営業と言い習わされている。また企業活動の集合体をさす言葉としても用いられる。※wikipediaより抜粋

営利を目的として業務を行うのみだったら、誰でも出来ます。

でも、営業が出来ない人もいますよね。

なんで出来ないか?

これはおそらく無駄なことをしているからだと思います。

無駄なこととは?

「容疑者を相手にしている可能性が高い」からだと思います。

僕がコンサルでよく使う言葉の一つに「容疑者」という言葉があります。

容疑者とは、買う気がない人や、ライバルのことを言います。

つまり、買う気がない人やそもそもライバルを相手にしていては、営業効率が下がるばかりか、誰も買ってくれません。

逆に、見込み客のみに正確にアプローチしていれば、「誰でも一定の確率で買ってくれる」ということです。

※もちろん商品の善し悪しもあります。

この「確率」さえしっかり分析出来ていれば、馬鹿でも営業成績をガンガン上げることは可能なんですね。

営業成績を上げたかったら、買う気もないような「容疑者」は相手にしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*