日本の物価は安い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バリに行って来て改めて気付いた事があります。

それは「日本って物価安いな…」って事。

プリングルスっていうポテトチップスってあるでしょ?向こうのコンビニでは、日本円に換算すると「150円」くらいするんですよ。

こっちだといくらかな?あまり買わないんでわかりませんが、たしか200円~300円の間でしたよね。

高くても。

で、向こうは150円。

日本の方が高いじゃ~ん。と思うかもしれませんが、日本人とバリ人の給料は全然違います。

同じコンビニのアルバイトだと、

日本…時給800円以上バリ…時給200円程度
え?って感じでしょ。

1ヶ月まともに働いて30000円程度ですよ。

それでプリングルスが150円て…。つまり、給料に対して物価が高いわけです。バリは。

対して日本は、アルバイトでもフルに働けば、1ヶ月およそ10万円はもらえる。

それでプリングルス300円。

30000円に対しての150円と、100000円に対しての300円。

明らかに安さの感覚が違います。

そう考えると日本の物価って安いなぁって思います。安くて良い品。安くてクレームも聞いてくれる。

本当にいい国に生まれたなと感じます。そう考えておくと今の生活に感謝ですよね。

ありがとうでいっぱいになります。

こういった考え方って子供に伝えて行きたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*