子供からでもたくさん学べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土曜日夜から日曜にかけて、39度の大熱が出ました。

熱だけではなく、吐き気、怠惰感、関節の痛み。

目を動かすだけで、頭がガンガン痛くなるほどでした。

そりゃぁもう、何も出来ません。

同時に1歳1ヶ月になる息子も同じように風邪を引いていましたが、そこで気付いたことをシェアします。

おそらくですが、先に引いていたのは息子。

後から僕がうつされたような感じです。

子供の風邪は強力

子供の風邪って強力ですね。

絶対というほど、後からうつされます。

子供が熱を出したら、僕か嫁、必ずといっていいほど、38度以上の大熱を出します。

子供は元気

元気という表現はちょっとあってないかもしれませんが、39度も熱を出しているのに、とにかく歩く。

歩いては倒れ、歩いては倒れ。

そんな事の繰り返し。

これも一つの思い込みでしょうか。

大人になると、風邪だからゆっくりしよう、とか、風邪だから何も出来ない。

という言い訳になっているのか。

すごく考えさせられます。

でも甘える

それでもいつもよりは甘えん坊になります。

ちょっと抱っこしてもらえなかったり、思い通りにいかなかったら、すぐに泣いて助けを呼びます。

いつもよりも大声で。

これも大人になるにつれ、そうそう出来る事ではありません。

※人にもよりますが…

子供を持って思ったんですが、本当にいつも勉強になります。

大人になってしまった事、子供の頃に感じていた事、そんな事を考えさせてくれます。

とにかく無邪気。
とにかく興味深々。

そんな気持ちをいつまでも忘れないようにしようと思う今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*