「灯台」は「下暗し」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「灯台下暗し」という言葉があります。

辞書で調べると、「灯台下暗しとは、人は身近なことには案外気がつかないものだというたとえ。」とあります。

昔の人は本当に良い言葉を残しますよね。

僕は誰かから相談を受けた時、悩んでいることを解決したい時、いつもこの言葉を思い出します。

ビジネスでも、プライベートでも全てのシーンで使える言葉です。

例えばビジネスシーン。

集客出来ない…。そんな悩みがある時。

過去にさかのぼって、少しでもうまく行ったことは何か?

逆にうまく行かなかったことは何か?

少し考えれば出てくる答えがあります。

で、不思議なことに、うまく行かなかったことを一生懸命続けようとしている時、全くうまくいきません。

「投資」と呼ばれているものにハマっている人を見ているとわかります。

トータルして損をしているのに、「これから勝てる」と勘違いして、また負ける。

たまに勝ってもトータルで負けていては、やっている意味すらないですよね。

普通に働いた方が、お金が儲かります。

どうですか?
あなたの中にもそういった経験ありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*