贅沢を味方にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「贅沢は敵だ。」戦時中、戦後もそんな風潮が流れていた日本。

最近の不景気においても、「贅沢をしている人を見ると、ついひがんじゃう」って人も多いのではないでしょうか。

実は僕もそうでした。高級車乗り回して、すごい豪華な家に住んで、海外旅行なんて毎月行っているという人を見ると、「どうせ今のうちだけだ。」なーんて思ってました。

なので、僕自身お金を稼いだとしても、なるべくお金は使わないように、質素にしていました。

ですが、ちょっと前にバリに行って、ちょっとだけ贅沢してみたら…

「贅沢って大事だな」と思ったわけです。

どういう事かというと、

・ちょっぴり背伸びをする事で
・ちょっぴり贅沢な気分を味わう事で

今の足りない部分、今後こうやって仕事したい、といったモチベーションアップにつながるわけです。

・このままでは、もっとこの遊びが出来ない
・このままでは、もう少し楽しい遊びが出来ない

そんな風に頭が働き始めます。
質素にしていたら、味わえない感情でした。

すごく新鮮で、頭の中がリフレッシュしたんです。決して「質素が悪い」とか「贅沢が良い」というわけではありませんが、「贅沢は敵ではない」という事は理解できました。

贅沢が「敵」だと思うのではなく、「味方」だと思う事で、肩に力が入ることなく、改めて仕事が楽しいと思えるようになりました。

どんなものでも敵に回したらいかんですね。

もしも今あなたが、「贅沢は敵だぁ。」と思っているのであれば、是非一度背伸びして贅沢をしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*