やらざるをえない状況を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・やらないといけない事があるわかっちゃいるけどやめられない。

…というのは僕です。

崖っぷちにならないとできない

私もそうなんですが、切羽詰らないとできない人って沢山います。

これも「壁」の一つだったりするんですよね。

わかってはいる、でも行動できるのは期限ギリギリ…。

そんなときには、「やる気がみなぎるエクササイズ」というものがあります。

やる気がみなぎるエクササイズ
をやれば、誰でも簡単に行動できるようになると思います。

たった3つのステップです。

ステップ1 出来ない理由を書き出す

まずあなたがなぜできていないのか、理由を箇条書きでいいので書いてみてください。

・テレビを見ている
・ゲームをしている
・子供と遊んでいる
・家事をしている・掃除をしている
・別の仕事をしている
・メールを見ている
・ネットサーフィンをしている・友人と飲みに出ている

色々とあると思います。

人には必ず24時間同じ時間が与えられている中、できる人がいる、できない人がいる。

この理由の一つが、「今やらなくてもいいことをやっちゃっている」って事です。

ステップ2 優先順位をつける

箇条書きにした内容に優先順位をつけてみましょう。

書き出してみると結構色んな事に気付くはずです。

「あ、これって優先順位って高くなかったな」「これってやらなくても生きていけるものなんだな」

特に「遊び」「外食」なんかは余計な行動です。

ステップ3 捨てる

では「余計なもの」がわかったらどうするか?

「排除」するんです。

捨てるんです。
やらないようにするんです。

例えば「テレビを見てしまう」のであれば、テレビが見れないようにコンセントを抜いておく。

例えば「友人と飲みに行ってしまう」のであれば、友人に「もう飲みに行かないから」とキッパリ言っておく。

ついついやってしまう余計な行動を先回りして排除しておけば今あなた自身がやらざるを得ない状況が作れるというわkです。

「重要な目的」しかなくなれば、その作業に集中出来るようになります。

もしもあなたがどうしてもやらなければならない事も、期限ギリギリになってしまうのであれば、思い切って余計な事を排除してみましょう。

スッキリしてかなりの勢いで作業が進む
と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*