お金と時間を賢く稼げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「儲かってますか?」交流会や名刺交換の際に時々言われる言葉です。

僕自身が、名刺に色々と書いているんですが、「コンサル?怪しいなぁ。こういった業種って儲かるイメージもあるし、うさんくさい業種でもあるし…実際の所どうなんだろう?」こんなイメージを持っていて聞いてこられる方もいらしゃいますし、単純に話のネタとして聞いてこられる方もいらっしゃいます。

そりゃそうですよね。

名刺に、「ネット集客コンサルタント」とか「インターネットビジネス」とか書いている時点でうさんくささがてんこ盛りです。

では実際に「稼いでいるのか?」答えは「わからない」です。

「稼いでいる」の定義がわからない

稼ぐって言う言葉はとても難しく、個人の主観や常識が大きく関係してくるのではないかと思っています。

例えば、毎月15万円もらっているサラリーマンからしてみれば、「1ヶ月30万円をもらっている」というと、なんとなく稼いでいるような気がしますし、「1ヶ月100万円はもらってますよ」なんて言うと、かなり稼いでいる気持ちになります。

毎月50万円以上もらっている事業者さんからしてみれば、例え同じ1ヶ月30万円でも、「稼いでいない」と感じるでしょうし、1ヶ月100万円でも少ないなぁと感じるかもしれません。

そういう基準で考えた時、サラリーマンを基準に考えたら、「1ヶ月5万円」で稼いでいるとは言えないかもしれませんね。

でもそれは「収入だけ」の話。

携わっている時間によっても稼いでいるか、稼いでいないかも決まるのではないかと思っています。

例えば、「1日3時間労働で20日働いて5万円」と、「1ヶ月何もしなくても5万円」
何もしていなくても5万円。
といえば違う意味で「稼いでいる」と言えるんじゃないでしょうか?

つまり今回言いたかったのは、単純にお金の量で稼ぐというのも大切だけど、「携わる時間とお金のバランスによって稼ぐ」というのも大切だ。

という事です。

なので僕は大金を稼いでいません。なぜなら、「お金の量も大切だけど、自由になる時間も欲しいから」

複数の「稼ぐ仕組み」を持っていますが、お金の量で考えた時には、「稼いでいる」って言ってません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*