最低最悪のことは起きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕は常に、「最低最悪のことは起きる」と思っています。

周りからはよく、「ポジティブだよね。」と言われますが、本当の僕は、めっちゃネガティブです。

いつもそわそわして、何か悪いことが起こるんじゃないかとビクビクして生きています。

さて、ネガティブという単語は一見「悪い単語」のように聞こえますが、果たしてそうでしょうか?

僕は少なくとも、「ネガティブ」という単語は悪い単語のように聞こえません。

なぜなら、ネガティブに考えるから、ポジティブに考えられるからです。

例えば、緊急でメモを取らなければならないとき。

走り書きでメモをとると、用事があって7時間後にメモを見たとき、何を書いているかわからないことがあります。

これは、「自分で書いたんだから、数時間後の自分もわかっているだろう」という考えで、目の前のメモをとっているというわけです。

ですが、ここにネガティブ要素を入れると、「自分で書いているものの、自分が対応できない可能性もあるし、そもそも何を書いたか分からないから、しっかり整理しながら書こう」という考え方になるわけです。

だから、後でメモを見ても大丈夫。という「ポジティブ」な考え方になるわけですね。

最低最悪のことは必ず起きる。

メモだってすぐに見直すことも出来れば、2.3日経ってからやっと見れることもあります。

・字が見えにくかったらどうしますか?

・メモがなくなったらどうしますか?

・メモを見た後の行動はどうしますか?

「自分はよく忘れる人間だ。」とネガティブに考えていれば、常にポジティブにいられるんだ。

と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*