人は楽な道を選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

友人や兄弟、親から、「そんな事辞めたら?」「それを続けてもいいこと無いよ」「こっちの方がいいよ。」といったアドバイス?

を受けたことありますか??

もしあったとしたら、言われた事は1割程度だけ頭に残し、それを間に受けたらいけません。

なぜなら、その人の言っている言葉には、「責任がないから」です。

ある程度結果を出している人が、今のやり方に助言したり、アドバイスをした場合は別ですが、結果も出していない、やった事も無い、そういった人のアドバイスは聞かないほうがいいです。

アドバイスをしている本人からしてみれば、その人のためを思って言ってる事かもしれません。

でも同時に、その人がやろうとしている事の「芽」を刈り取る事

になるかもしれないんですよ。

言い方が悪いかもしれませんが、それって「おおきなお世話」だってね、アドバイスした人に、それを聞き入れようが、聞き入れまいが、全く責任なんてないからなんですよ。

そう。

うまくいこうか、うまくいかなかろうが、知ったこっちゃないんです。

ここからが本題。

僕は何も、

・無責任なアドバイスはするなとか
・聞き入れるな

とか言いたいわけではありません。

聞くのも大事ですし、ついついアドバイスをしたくなるという気持ちもわかります。

でもね。

結果も出していない、やった事もない、そういった人のアドバイスは聞き入れて、結果を出している人のアドバイスを聞き入れない。

これは辞めたほうがいいって事。

なんでそんな事になりえるのか。

それは、【人間は楽な道を選ぶから】なんです。

例えば、僕はブログやホームページを始めてから、売上が伸びました。

やっている事は基本的に「ほぼ毎日更新」。

結果が出てない人は更新なんてしません。

だから「ブログなんてやっても無駄だよ」なんてアドバイスする人なんかもいます。

僕なら、「ブログはやって下さい。なるべく毎日ね。」とアドバイスしますが、結果が出てない人からはおそらく、「ブログ?あんまり結果で無いから、辞めたほうがいいんじゃない??」とアドバイスする可能性があります。

聞いた本人からしてみれば、あんまり手間を取られたくなかったとしたら、そりゃぁブログなんてしないでしょう。

もしやったとしても、2,3日続けて終了。

って事もあります。

人間って弱いです。

だからついつい楽なほう楽なほうに行きたがります。

友人でも、親族でもみんな一緒。

「あなたのためよ。」なんて言ってくる人の言葉をうのみにするのは、危険ですよ。

まとめ

アドバイスに責任なんてあったもんじゃない。

契約上、金銭が絡んでくるようなアドバイスでも、人によっては無責任な事しか言わない人もいるので、十分に注意しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*