社交辞令は相手にとっても損

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日書いた記事が思ったほど喜んで頂けたようなので、今日は少し関連した内容を。

僕は社交辞令が嫌い。です。

例えば、

・また今度ご飯行きましょう・今度一緒に何かやりましょう最近は特にこういった言葉を言わなくなりました。

「また今度」「何か」これほど「曖昧な言葉」はありません。

今度なら今から予定を組みますし、「何か」なら具体的に表現します。

ないなら言わないようにしていますし、やるなら「すぐに」やるようにします。

いきなりなんでそんなことを言うのかというと、これも、「0」か「100」かでしかないからです。

やる…100やらない…0また今度…30

30は0と一緒なので、言うだけ無駄ってことです。

なんでもかんでも無駄を省けばいいというわけではないですが、これは、「相手にとっても損」だとも思うわけです。

中途半端な思考が残ると、相手の脳みそのはじっこに伝えた中途半端な思考が残ります。

中途半端な思考が残れば、何か打ち込む時に100%の力が発揮されません。

もう一度書きますが、何でも無駄を省けば良いというわけではないです。

逆に「無駄なことだと思うこと」もたくさんやっているので、その「無駄なことだと思うこと」を全力で打ち込むためにやらないことはやらないという選択をしているだけだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*