通過点と目標をはき違えるな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「社長になる方法」について書いていきます。

社長になる方法

高校卒業してからすぐに就職した企業の新人研修会で当時の社長に、「どうやったら社長になれますか?」と質問した事があります。

まぁ、そもそも「社長」って言うと、どういうイメージがありますか?

ちなみに僕は小さい頃に、すでに離婚していた父親が社長をやっていて、その父親が連れて行ってくれる所は全て豪華な所だったので、社長=お金持ち

のイメージがありました。

なので、小さい頃からなんとなく「社長になりたいな…」と思っていたんです。

さて、社長=お金持ちとイメージしていた僕ですが、新人研修会で質問した「どうやったら社長になれますか?」という質問に対して、言われた言葉が、「手を挙げたらなれるよ」です。

「は?」って思いましたね。

社長(お金持ち)って手を挙げるだけでいいんだって…。

で、当時はよくわかっていたなかったんですが、今ならその言葉の真意が少しでもわかってきたような気がします。

社長=ゴールではない

社長=お金持ち
ではない人もいる社長=ゴールではないスティーブジョブスさんも、本田宗一郎さんもそう。

世の中の社長(お金持ち)って、これはおそらくですが、「みんな手を挙げてやっている」もしくは、「手を挙げなくてもやりたいからやっている」だけなんじゃないんでしょうか。

論理的に、社長=お金持ち
って思っていないでしょうし、社長=ゴールだとももちろん思っていない。

ゴールというのは、自分の成し得たい目標であり、自分の夢
だったりしています。

通過点に社長という「いす」がただあっただけで、お金も「ツールにしかすぎない」って事です。

手を挙げるだけ

すごく興味深いんですが、本当に「やります」って言うだけで社長にはなれます。

手を挙げるだけではなく、手を挙げなくてもなれる。

そして、「社長になる」ではなく「目標を達成する事が大切だ」という事に後になって気付く。

※少なくても僕がそうでした。

「●●になる」という事は、思っている以上に簡単で、でも大切なのはそこじゃないということです。

何か気付きの良いヒントになってくれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*