人は権威に弱すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全く同じ「A社のサービス」と「B社のサービス」があるとします。

・教えてもらう事
・金額
・参加方法

すべてが一緒です。

でも一つだけ違うところ。

A社は全国的に有名な会社
B社は地域のみで活動している会社

あなたならどちらの会社にお願いしますか?

おそらく「A社」に頼む方が多いと思います。

なぜなら、人って「大きな組織」や「権威」というものに弱いから。
なんですね。

これがもしもB社の方が金額的に安くても、同じ結果が出るのではないでしょうか?

世の中にある広告というのは、そういった「権威の力」を利用してアピールしているものが多いです。

例えば、「テレビの有名人〇〇が推奨する〇〇」「大手〇〇が開催する〇〇」「〇〇で全国1位の講師が開催する〇〇」なんて。

商品を買うとき、サービスを受けるとき、自分が「大きなものに流されてるなぁ」と感じたら、それはチャンスです。

「あぁ、こういった権威に弱いんだなぁ」と実感できるからなんです。

それを知っておく事で何になるか?
世の中の商品、サービスを平等な目で見る事が出来るようになります。

平等な目で見れるようになれば、えこひいきなしで商品・サービスの価値を知る事が出来ます。

有名な〇〇社が作っているから。
有名な〇〇さんがオススメしていたから。

もしかしたらそれによって少し過大評価していた商品も、新しい目で見る事が出来るでしょう。
それが出来るようになれば、世の中の商品に振り回されなくなります。

つまり、余計なお金を使わずすごす事ができ、余計な時間を使う必要もなくなります。

まとめ
人って権威に弱すぎる。
それを認めた上で物事を判断する事が、今後のお金も時間も有効に使えるようになります。
正常な自己判断。

これが生きる上で重要なスキルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*