個人では必ず限界がくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「何でも自分一人で出来るぜ。」という人をまれに見かけます。

営業も、経理も、作業全部も。

でもそれは本当に自分一人で出来ているか?

というと、答えは「NO」だと思います。

ビジネスにおいて、自分一人で全てやれば、儲けは全て自分のものです。

人数が増えれば増えるほど、もらったお金は「山分け」になるので、一人一人の儲けは当たり前のように少なくなってしまいます。

もちろん自分一人で何でも出来ることって素晴らしいことだと思いますが、「自分一人で出来るのには限界がある」ということを常に意識しなければならないと思っています。

例えば、1つの大きな岩があったとしても、1人では動かせませんが、100人そろえば動かせるかもしれません。

何かアイデアを出す時も、1人のアイデアよりも、10人アイデアを出し合ったほうが良いアイデアが出るかもしれません。

まぁ、「一人で何でも出来るぜ。」と思っていたのは、実は起業したての頃の僕自身だったんですが…。

全て自分でやろうと思っていた起業したての収入というと、新卒サラリーマンの月収くらいでしたが、自分一人では何も出来ないという考え方を常に意識した結果、自分が思い描いていた収入を得られるようになりました。

自分一人では何も出来ない。これは僕の人生の教訓だと常に意識しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*