行動出来ない理由を認識する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功するためには行動が大切

なんて言葉を聞き飽きるくらい聞いたことがあると思います。

行動すれば必ず結果は出ますし、あなたを進化させてくれるのが、行動だとも思っています。

人生を謳歌することが出来るようになるし、大金を手に入れ、旅行ざんまいの人生を手に入れることも可能です。

ですが、そうは思っていても、行動出来ない人がいると思います。

何で出来ないのか?

もし今あなたが『行動出来ない人』であれば、良いヒントになるかもしれません。

是非最後まで読んでくださいね。

感情 ⇒ 思考 ⇒ 行動

行動に移すまでには、順番があります。

1 感情
2 思考
3 行動

感情が動かなければ、思考(考える)もないですし、思考がなければ行動にも移せません。

例えば、ラーメン屋に行くという行動を取る場合、1 感情
ぷ~んとラーメンの良い香りで美味しそう。
という感情が芽生えます。

2 思考
香っている先のラーメン屋に入る前に、「この店に入ってもよいか?」という思考が働きます。

3 行動
思考で問題なければ、お店に入ります。

全ては感情、思考、行動
この順番で人は行動しているわけです。

で、行動出来ない人というのは、どこかのポイントで詰まってしまっている可能性が高いです。

一度何で自分自身が行動出来ないか?
を考えてみませんか?

もしかしたら感情が動いていないので、うまく思考が働いていない可能性があります。

感情だけで動こうとして、考えようとしていないから、行動出来ないのかもしれません。

行動までのきっかけは、全て、感情、思考、行動。

すごく大切な考え方だと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*