結果に素直になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

繁田さんはなんでそんなにストイックなんですか?

と聞かれることが多くなりました。

仕事にしろ、私生活にしろ、考え方にしろ…。

以前の僕はそんなにストイックではなかったですし、今でも『すごくだらしないほうだ』と思っています。

ですが、塾生さんやクライアント、従業員からは、『とてもストイックな人』と見られているようです。

なんと言っていいのやら…。

さて、僕がそうしていないはずなのに、なんでそう思われているか考えてみました。

おそらくそれは、『結果に素直になる』と意識しているからだと感じています。

例えば、僕は40歳までに完全に自由な生活を送り、子供にお金やビジネスの教育の環境を作ると決めています。

なので、「将来の結果」に対してのスキルアップややるべきことに対しては、かなりストイックになります。

これは、「目標は絶対にクリア出来るんだ」という気持ちと、その目標や結果に対して素直にそうおもっているからだとも思っています。

だから、

ここまでやるのか?というところまで追求することもあるし、もういいでしょと言われても「もっともっと。」と追求することもあります。

それが人にとってはストイックだと感じるんだなと思いました。

それが今でもお金に困らないような生活を送れるようになった環境を作れた大きな一因でもあります。

今日はただ自分の話をしたいというよりも、あなたも是非結果に対して素直になって欲しいと思って書きました。

今は全く何もないという人も一度自分の目標や夢を書き出してみてください。

それは必ず叶います。

そしてそれが「当たり前のように叶う」ために、今やるべきことをやっていけばいいんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*