常に世の中の逆を行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功したいのであれば、世の中の逆を行く。

今日はそんなお話です。

僕のメンターはすでに半引退人生を送っていて、常々、「世の中の逆を考えなさい」と教えてくれます。

最初は世の中の逆っていったいどういうことか?

を考えていましたが、最近やっと腑に落ちてきました。

例えばです。

テレビや雑誌で、「今株を買えば儲かるぞ。」と聞いたら、「あぁ、株はそろそろ手放さないと」ということになります。

つまり、「○○がいいぞ。」と言われれば、「○○はもう終わり」と考えるということですね。

実際どうでしょうか?

テレビや雑誌で流れてくる情報って、1 事柄が起こる2 取材陣が情報を察知する3 掲載可能か検討する4 必要があれば取材する5 記事にする6 枠を空ける7 掲載するだいたいこんな流れで、テレビや雑誌に流れます。

だいたいこんなにステップを踏んでいる間にも時間は流れる訳ですよ。

「1」の時はもしかしたら最新でものすごい情報だったかもしれないものでも、目に留まる所までやってきた情報というのは、「既に腐りかけている可能性がある」ということです。

僕の友人はそうやって株で大損していました。

世の中の逆を行く。

これだけではありませんが、常に気をつけようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*