綺麗なものを「綺麗」と言う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」という言葉は知っていますか?

「どっこいしょ」というかけ声は知っていると思いますが、その「どっこいしょ」というかけ声は「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」から変わった言葉と言われています。

で、この六根清浄(ろっこんしょうじょう)はどういう意味かというと、・眼根(視覚)
・耳根(聴覚)
・鼻根(嗅覚)・舌根(味覚)
・身根(触覚)
・意根(意識)
という人間の六感を六根を表現していることを「六根」と表現し、それを清らかにすること、これが「清浄」にあたるそうです。

全部で六根清浄。という言葉になるそうです。

綺麗なものを見て、美しい音を聞いて、自然の香りを楽しみ、食事を楽しみ、最高のものに触れて、感謝の意識を忘れない。

六根清浄とは、こうやって『六感を清らかにすること』。なんです。

ちょっと話は変わりますが、高級料理を想像してみてください。

高級料理というのは、高級な食材、プロの料理、プロの接客、最高の環境、最高のサービス…

そして『綺麗なお皿』に盛られて出てきます。

それらが全てそろって「高級料理」だと言えますよね。

そしてどんなに高級な食材を使っていても、素晴らしいサービスを受けていたとしても、『汚い皿』に置かれていたらどう思うでしょうか?

おそらく『うわぁ。すごい。高級料理だ。』なんて言えないと思います。

どちらかというと、『あ~あ。せっかく良い食材なのに…』と思ってしまう人の方が多いと思います。

どんなに凄いノウハウ(食材)でも、受け取る側(お皿)が汚ければ、それは最高の物にはならないということですね。

『あ~あ。せっかく良いノウハウなのに…』同じようなことが起こっているということにもとらえられます。

普段からお皿を綺麗にし続ける。だからこそ良いノウハウや人脈に出会えたとき、更に光るものになるんだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*