脳のキャパはすぐ超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早速ですが質問です。

昨日の15:35分に、

・あなたは誰といましたか?
・何をしていましたか?
・何を話していましたか?
・どんな感情でしたか?
・どんな服装でしたか?
・どんな学びを得る事が出来ましたか?

実際に紙に書き出してみて下さい。

どうですか?寸分狂わず書けた人はまずいないと思います。

何故か?それは「脳は不必要な事はすぐに消去するように出来ているから」なんですね。

人の記憶と言うものはとてもあいまいで、恐らく半日も経ったら、何をしていたか、どんな感情だったか、何を見ていたかという事はすっかり忘れてしまいます。

覚えている時もありますが、「覚える必要がない」と脳が判断している場合の出来事は、忘れるようにインプットされています。

そうしないと、脳のキャパシティを超えてしまうからなんですね。

あれもこれもどれもそれも覚える必要が無いわけです。

さて、ここからが重要なポイント。

ビジネスにおいて、覚える必要のない事までやっていませんか?

例えば無料情報。

開けば自分が何か変われると思って見てみる。

そんな無料情報を10個位見た。

でも結局何も役に立てていない。

それは何故か?恐らく脳が勝手に「無料には価値がないよ」と判断しているからだと思います。

有料であれば、頭も体も感情までフル動員しながら、なんとか体得しようと頑張ります。

それは金額が高ければ高いほどに、自分の五感を、すごい人は第六感を開花させるくらいまでに何とかしようと自分の体を使います。

そう。

結局のところ、無料情報を10も20も集める事よりも、有料情報を1つ買った方が、結局時間の無駄、行動の無駄、しいてはお金が稼げるスピードも変わってくる、という事です。

かくいう僕自身も無料情報を手にとって見たりしてますが、それは一通り読んでそれで捨てます。
「使えるポイントだけ」を盗むようにしています。

だから時間がとらわれる事もないし、脳がそうやって鍛えられているので、変に自分が操作されにくいんです。

あなた自身の脳は、しっかりと訓練されていますか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*